押し花作家の庄村昌子さんかがいらっしゃり、ご挨拶をさせて頂きました。

自分の持っていた押し花のイメージを覆すような見事な作品群を拝見、感動しました。

庄村さんは、その道の第一人者で、教えを乞う先達もなく、失敗に失敗を重ねる中から自ら学び、地道に技を向上させてこられたそうです。

自分も新しい事に挑戦する心を失わず、失敗から学べるようにして行きます。

丁稚一年目 内藤

 

 

 

この記事をシェアする