職人にとって道具は何よりも大切なものです。

その自分の道具は、皆それぞれが道具と会話しながら手入れをさせていただいています。

 

 

そして、研修会では、職人さんに色々な技法を教えていただきます。

 

皆何年後かには、名人のように机いっぱいの手道具を使いこなす職人になれるよう、今を本気でいかしていただきます。

丁稚一同

 

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

秋山木工

秋山木工の情報をお伝えしていきます!