現場の仕事をさせていただくことが増え、今まで以上に責任感をもって取り組まねばと気を引き締めています。

一作業員というよりも、管理の役目を与えてもらっているので、他の作業員の方がどうしたらスムーズに作業をしてくれるのかを考えて自分ができることをしていきます。会社を代表して現場に行かせてもらっているので、失敗を起こさないように、私生活から正していって現場でもきっちりした仕事をしていきます。

丁稚2年目 内藤

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

秋山木工

秋山木工の情報をお伝えしていきます!