自分たち研修生は日曜日に工場で各々の作品を作らせてもらってます。

いつもその日に秋山社長のご家族が美味しい家庭的な昼食を差し入れてくださいます。

5年目の自分はもうすぐ職人にしていただける。

ですが、あの美味しいご飯が食べれなくなると思うと複雑な気持ちです。

残り数えるほどの日曜日、しっかりとかみしめて、エネルギーへとかえ、職人になるべく邁進していきます。

丁稚4年目 林

 

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

秋山木工

秋山木工の情報をお伝えしていきます!