本日の賄いごはんは、長崎出身の岩田の「おふくろの味」の冷汁です。

横浜では、あまりなじみの無い料理で、他の丁稚たちはイマイチ冷汁と言われてもピンとこない様子でしたが、岩田だけは「懐かしい!」と言って大変喜んでいました。

下記のレシピで完成したら、よーく冷やして、温かい玄米ご飯にかけていただきます。

残った汁は、そうめんのだしとしてもおいしくいただけます。

良かったらお試しください。

 

冷や汁(10人分)

いりこ粉末 大さじ4

いりごま(白) 大さじ12

絹ごし豆腐 3丁(さいの目切り)

お味噌200グラム

だし汁 2ℓ

水 1ℓ

キュウリ 6本(薄切り)

ミョウガ 3パック(細切り)

大葉20枚(細切り)

塩 適量

〇だし汁と水を合わせておく。

〇胡麻をすり、そこに味噌といりこをいれる。(1)

〇だし汁に(1)を入れ混ぜる。

〇最後ににキュウリとミョウガと豆腐を入れ、大葉とごまを散らす。

DSC_0005

全国から集まっている丁稚たち。

それぞれのおふくろの味が気になります。

 

この記事をシェアする