山本眞暢(30歳)
静岡県生まれ

静岡県立静岡工業工業卒業後、秋山木工に入社

丁稚2年目、3年目、4年目で技能五輪の家具部門で銀メダルを3回受賞 。その後、4年間職人として丁稚の指導にあたる。

さらに腕を磨く為に武者修行として、北海道の匠工芸さんに3年間お世話になる。 そして、再び秋山木工に戻り、現在は工場長として陣頭指揮にあたる。


yamamoto-2

秋山木工を知ったきっかけ
高校の先生から秋山木工の紹介のビデオを見せていただいてしりました。

丁稚8年間で一番の思い出は?
はじめて一から家具を造らせてもらえた時です。

材料の発注から塗装に出すところまで、やらせていただいたことが印象に残っています。

働いていて、良かったことは?
個人の家の家具から、店舗の什器、ホテルの家具などの様々な家具を造らせていただけることです。

現在働いていて、夢は?
自分に家具製作の指名をしていただけるようにな職人になっていきたいと思います。

この記事をシェアする