秋山木工からのメッセージ

秋山木工では、一流の家具職人を目指す若者を育成するために、独自の職人研修制度を設けています。
弊社では、家具職人見習いの若者を「丁稚(でっち)」と呼び、丁稚たちは寮での団体生活を通しての基本的生活習慣から、本格的な木工技術まで学んでいきます。特に、一流の職人になるためには「人間性が第一」との考えにより、日々人間性を磨く訓練もしています。
そうした職人たちが作る家具は、みなさまに高い評価と信頼を得ております。


一流の家具職人を志すかたへ

秋山木工では一流の家具職人を育てるための独自の研修制度を儲けています。
家具職人見習いの若者を「丁稚(でっち)」と呼び、丁稚たちは寮での団体生活を通しての基本的生活習慣から、本格的な木工技術まで学んでいきます。特に、一流の職人になるためには「人間性が第一」との考えにより、日々人間性を磨く訓練もしています。また、技能オリンピックの家具競技に参加し、全国大会では毎年多くの受賞者を出しております。秋山木工で家具職人を目指したい!と思う方は、まず、秋山学校に入学し、「1年間の丁稚見習いコース」で学んでいただきます。


秋山学校についてはこちらから


入学してからの様子はこちらの動画から

天命に生きる

秋山木工の職人たち

AKIYAMA GOODS